逗子アートフィルム|沖啓介|現代美術オンライン特別講義#3|月は最古のテレビ

Description
10月開催の「逗子アートフェスティバル2020」の一環で、現代美術の講義を3回に渡り、オンラインで行います。
講師として、エレクトロニク・アート、メディアデザイン、電子音楽、映像などの分野で、国際的に活躍するアーティストの沖啓介氏をお招きします。
配信は逗子の映画館、シネマ・アミーゴから行います。

逗子アートフィルム 沖啓介 現代美術オンライン特別講義#3
「月は最古のテレビ」

講師:沖 啓介(アーティスト・東京造形大特任教授)
司会:仲本 拡史(映像作家)
日時:第3回 9月5日(土) 20:00~21:30  ※開始を30分遅らせる可能性があります。申し込みいただいている方には、時間が決まり次第、メールにてご連絡します。
料金:各回 1500円
販売期間:当日19時まで
アーカイブ視聴期間:1週間
申込み方法:Peatixから購入。開催日までに、逗子アートフィルムから当日アクセスするURLが届きます。

▼第1回「ウェットウェア、ドライウェア」 8月22日(土)20:00~21:30
https://artfilm-oki1.peatix.com

▼第2回「アートが神経を持ったら」 8月29日(土)20:00~21:30
https://artfilm-oki2.peatix.com

第3回「アートが神経を持ったら」
“Moon is the oldest TV.”と言ったのは、ビデオ・アーティストのナムジュン・パイク。東洋と西洋の思想を、テクノロジーでカットアップ、リミックスしたパイクの方法は、現在では西洋中心主義を超えた現代アートのあり方を先取りしていた。
初期のビデオアートを紹介しながら、自己表現手段やゲリラ的メディアとなったビデオ、巨大メディアとしてのテレビ、前世紀最後の10年に登場したインターネット以後の映像や情報、それらのあり方を多角的な視点で見ていきます。香港のヴィクトリア山頂で、なぜ人々は携帯電話ライトを世界に向けて発光させたのでしょうか。

ヴィデオ・アート
https://bijutsutecho.com/artwiki/99

サンプリング/カットアップ/リミックス
https://bijutsutecho.com/artwiki/109


沖 啓介 (おき けいすけ)
東京都生まれ。多摩美術大学美術学部彫刻科卒業。アーティスト、デザイナー、ミュージシャン。カーネギーメロン大学STUDIO for Creative Inquiry研究員を経て、作品発表、演奏、研究・論文発表、講演を国際的に行っている。エレクトロニク・アート、メディアデザイン、電子音楽、映像が専門分野。翻訳書に「ジェネラティブ・アート Processingによる実践ガイド」主な展覧会は、キャノン・アートラボ「サイコスケープ」、SMAAK(ボネファンテン美術館、オランダ)、「身体の夢」(京都国立近代美術館、東京都現代美術館)、「第一回横浜トリエンナーレ」、Medi@terra(ギリシャ)、「Art Scope」(インドネシア)、「Qi and Complexity」(北京)、「Global Players」(ドイツ、横浜)、「科学と芸術」展(上海)、越後妻有トリエンナーレ、Transmediale 2008(ベルリン)、第一回所沢ビエンナーレ、あいちアートの森(2010)、Mednarodni festivalスロヴェニア(2012)
ウェブサイト:http://oki.world.coocan.jp/

逗子アートフィルム公式ウェブサイト:https://artfilm.jp/
逗子アートフェスティバル公式ウェブサイト:https://zushi-art.com/

主催:逗子アートフェスティバル実行委員会
共催:逗子市、逗子市教育委員会
協賛:東京造形大学校友会
企画運営:逗子アートネットワーク(ZAN)/池子の森の音楽祭実行委員会/みんなでアート実行委員会/逗子アートフィルム

令和2年度 文化庁 文化庁文化芸術創造拠点形成事業


Sat Sep 5, 2020
8:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
オンラインチケット ¥1,500
Organizer
逗子アートフィルム
39 Followers

[PR] Recommended information